みえしるべ


平成25年は御遷宮。平成26年はおかげどし。三重のあれこれ、お勉強中です♪
by ryo-kamome

曽爾高原

ぬるべの郷、曽爾。

f0245719_19361316.jpg


奈良県曽爾村(そにむら)の曽爾高原は、ススキの草原で有名です。

曽爾村は、奈良県ではありますが、三重県名張市と隣接していて、
人の流れも名張市の方に向かっています。

奈良県の中では端っこなので、むしろ三重県からの方が行きやすいのではないかと思います。

一面のススキ野原が見たくて、ハイキングコースを歩いてきました。

近くまでバスが通っていますので、草原を見るだけならハイヒールでも行けます。
もちろん私はがっつりトレッキングシューズなルートを選びましたが^^;

f0245719_193623100.jpg


県道81号線沿いの木治屋さんを出発点に、まずは倶留尊山(くろそやま、標高1,038m)に登頂。
こちらは日本300名山のひとつです。狭い山頂に、登山客が大勢いらっしゃいました。

そこから二本ボソ(996m)を経由して、亀山峠から曽爾高原へ。
上の写真は、二本ボソから見た倶留尊山です。紅葉鮮やか~。今年は秋山を堪能してます!

f0245719_19363291.jpg


曽爾高原のススキは、元々この地域のかやぶき屋根の材料として使われてきました。

かやぶき屋根の家が少なくなるにしたがって需要が減り、周りの山では植林が進められ、
この斜面だけがススキ野原として残されたそうです。

ゴールデンタイムは、午後4時半ごろ。
私が行った日はあいにく曇り空でしたが、お天気が良い日は夕陽が草原を照らして、
金色に光り輝くのだとか。

初夏のシーズンも美しいらしいです。

ススキが風になびいて、遠目に見るとやわらかい毛並の動物の背中みたいに見えるんですよ^^

f0245719_19364349.jpg


高原の真ん中にあるお亀池の水は、平成の名水百選に選ばれており、
この水をつかった奈良県唯一の地ビールが製造されています。

味は、アルト、ピルスナー、ケルシュ、ボック、へレスの5種。
個人の好みによると思いますが、私はへレスが一番好きです。

近くにはお亀の湯や農産物直売所もあり、一日楽しめる場所となっています。
3月の山焼きも見てみたいなぁ。
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-18 20:01 | 奈良

鎌ヶ岳

鈴鹿セブンマウンテン、全山踏破☆

f0245719_22285558.jpg


昨年の秋に三重に来てから、だいたい月に1つのペースで登り続けてきて、
とうとう今年10月末に鈴鹿セブンマウンテンをすべて登ることができました。

鎌ヶ岳(かまがたけ、標高1,161m)は一番最後に残しておいたのですが、
それに値するすばらしいお山でした♪ (一番ハードではありましたが…)

宮妻峡キャンプ場から入って水沢峠経由で鎌尾根を縦走し、最後は急登を岩登り。
途中の尾根歩きでは、鎌ヶ岳が徐々に近づいてくる様子を楽しむことができます。

ちょうど紅葉も8分というところで、美しさにため息が出ました。

f0245719_2229470.jpg


鈴鹿セブンマウンテンに初めて登ったのは、昨年の10月。御在所岳(標高1,212m)でした。

三重に来てから知り合いも少ない時期だったので、ひとりで登りに行きました。
このときは車もなかったので、電車とバスを乗り継いで、徒歩で登山口まで行ったんですよね…。

鎌ヶ岳の頂上からは、御在所岳のロープウェーも見ることができます。場所的に近いんです。

f0245719_22291397.jpg


その後、職場の人たちと結成した山岳隊とともに、

頂上から広く伊勢平野を見渡せる入道ヶ岳
フクジュソウの季節に藤原岳
アクロバティックな釈迦ガ岳
標高差が比較的少なく登りやすい雨乞岳
水が豊かで滝つぼが見どころの竜ヶ岳

と登ってきて、最後に鎌ヶ岳。

全山登りきったときは、ちょっとした達成感でしたヽ(*´Д`*)ノ

***

急激に寒くなったせいなのか、風邪をひいてしまいました。
熱は下がったのですが、まだ喉がゴロゴロする感じです(´・ω・`)

毎年寒くなることはわかっているのに、うまく季節の変化に対応できないところに反省。。
みなさんも、お体に気を付けてくださいね。
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-17 22:52 | 北勢

三重テラス

美し国への玄関口。

f0245719_22341457.jpg
今年の9月末に、東京・日本橋で三重県のアンテナショップがオープンしました。

その名も「三重テラス」。

再開発ビルのYUITO ANNEXの一角にあり、
1階は物販とカフェ&レストラン、2階はイベントスペースとなっています。


先月、実家に帰ったついでに寄ってみました。
伊勢型紙や尾鷲ヒノキを用いた内装がスタイリッシュで、全般的に少しお高めな値段設定。
強気に出てるなぁ~大丈夫かなあ~~とすっかり身内気分で心配になってしまいました^^;

でも、三重で日常的に買っている大内山牛乳や夢工房のミカンジュースやあおさが置いてあって、
妙にうれしいというか、ほっとするというか。

今の時期は新米も置いてありますしね。三重はお米もおいしいんですよ。


三重県って、伊勢とか鈴鹿とか個別の都市は有名なのですが、
県全体としての認知度がいまひとつ低い気がするんですよね。
資源豊富なのに、もったいない…。

このアンテナショップをきっかけに、三重県と出会っていただければ嬉しいです!
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-13 22:37 | 日々のこと

桧塚奥峰

山粧う、錦秋の候―。

f0245719_21553962.jpg


三重にきてから、おおよそ月に1回か2回、コンスタントに山を登っています。

地元の方と一緒に登るようになって、
東京にいた頃の自分の山登りは、レジャー感覚だったなぁと実感。

木のことや地質のこと、生き物のことなど、山のことを皆さんよく御存知で、
この人たちは生粋の山の人だなぁとカルチャーショックを受けました^^;

葉っぱをちぎって糸を引いたらミズキの木だとか、
幹がサルスベリみたいにすべすべしてて茶色い木はヒメシャラだとか、
葉っぱがハート型で、木から砂糖をこがしたみたいに甘い香りがするのはカツラだとか。

自分はやっぱり都会っ子のにわかクライマーに過ぎないけれど、
地元の方と山を歩くことでチョコっとですが山のことを学べるので、この機会を大事にしたいと思っています。

f0245719_21555873.jpg


秋の山は実り豊か。

今年は柿や栗が豊作で、足元を見れば確かに木の実の落し物がたくさんありました。
だから鹿や猪が里で悪さしないかもしれないなぁって。ナルホド。

こうして紅葉しているのは、原生していた広葉樹だから。
人工林は針葉樹なので、秋色に染まりません。

奈良県側の山を見渡すと、ほとんどが人工林でした。
三重県側から登る方が道は険しいですが紅葉を楽しむことができます。

f0245719_2156747.jpg


ここは三重県の真ん中より少し南、大台ケ原から高見山にかけた台高山脈の一角。桧塚(ひのきづか)です。

ルートは、マナコ谷登山口から国見山(1418.9m)、明神岳(1432m)を経由しての
桧塚奥峰(1420m)で、再びマナコ谷登山口に戻る周遊コース。全6時間半の行程でした。

標高差は700mで、最初に急登があるくらいで、基本は尾根歩き。
鈴鹿の山と違って視界が開けているので、際限なく続く山並みを眺めながらの山行となりました。

f0245719_2156162.jpg


下山後は、近くのホテルスメールで温泉に入りました。
翌日は意外と筋肉痛も軽くて、それよりも新しく仕入れた山の知識に興奮気味でした☆

もっとこの辺りの山に登ってみたいです。
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-12 22:13 | 南勢

楯ヶ崎

神のたたかひたる処。

f0245719_2303123.jpg


尾鷲市と熊野市の境目あたりにある、楯ヶ崎(たてがさき)。

柱状節理と呼ばれる特徴的な地形で、三重県の名勝天然記念物に指定されています。


国道沿いに車を置いて、片道40分ほど歩かなければ、この風景をみることはできません。
これまで三重で訪れた場所の中では、かなり上位に入るスポットです!

雰囲気的には、東尋坊みたいな感じ。
三重県の人でも、あまり知ってる人は少ないかもしれません。


この楯ヶ崎を眺めながら、伊勢の神様と熊野の神様が酒盛りをしたという伝説があるそうです。
スケールが壮大だなぁ。

いつか晴れた日に、再訪したいです。
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-11 23:07 | 東紀州


以前の記事
2016年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
カテゴリ
検索
link


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
その他のジャンル