みえしるべ


平成25年は御遷宮。平成26年はおかげどし。三重のあれこれ、お勉強中です♪
by ryo-kamome

河内渓谷

もみじの花言葉は、「大切な想い出」。

f0245719_2215652.jpg


津市・安濃(あのう)ダムの近くにある河内渓谷(こうちけいこく)では、先週末、紅葉が盛りを迎えていました。

うちから車で30分くらいの、同じ津市内に、こんな素晴らしい渓谷があるなんて。

急に当日思い立って友人と一緒に出かけたのですが、お互い関東人だったので、
お手軽に自然を楽しめる豊かな三重の土地柄に感動してしまいました。

ここは懐が深いなぁ。

f0245719_2215184.jpg


どこを切り取っても、色彩の嵐。

f0245719_22152813.jpg


すぐご近所にある長徳寺の紅葉も見事でした。

この長徳寺は龍王桜が有名なのですが、紅葉の名所でもあるんですね。

今年の夏、空梅雨の影響で安濃ダムの貯水量が低下したため、
雨乞いの儀式が行われたのもこちらのお寺だそうです。

f0245719_2215346.jpg


秋の日はつるべ落とし、太陽が隠れて紅葉の彩りを奪ってしまうのが、少しうらめしい。

ですが、河内渓谷では、今月末までは夜9時までライトアップしているようです。
御都合のつく方は、ぜひ一度お訪ねください☆
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-25 22:35 | 中勢

松阪牛まつり

肥育農家の匠の技、集結。

f0245719_20283213.jpg


今日は松阪のベルファームで牛まつりが開催されたので、遊びに行ってきました。

ここでは年に1度、松阪牛クイーンを決める松阪肉牛共進会が開かれます。
予選を経て、選ばれし50頭が集まって品評されていました。

頭にお花がついているのが、入賞した松阪牛です。

f0245719_20284518.jpg


牛の良しあしは素人には難しいですが、背中がピンと一直線になっていて、
後ろから見たときに横幅の厚みがある方が良いそうです。

あと、座高が高いとよくないらしいです。毛並なんかも重要ですね。
角を強制して曲げて育てる地域とそうでない地域に分かれているそうです。

少しだけ近くに寄らせてもらいましたが、牛の体温って高いんですね~。

f0245719_20285362.jpg


待ち時間が長くて、疲れてへたっちゃう子もいました^^;

f0245719_2029330.jpg


芝生広場では、大量の七輪が並べられた焼肉コーナーが設置されていました。

焼肉セットを買ってきて、網をもらって席で焼くシステムです。

f0245719_20291199.jpg


脇田屋さんのホルモンをいただきました♪♪

f0245719_20292067.jpg


午後1時からは、せり市が始まりました。

和田金、牛銀という松阪の老舗肉屋さんのほか、
瀬古食品、丸中本店、朝日屋、マックスバリュ中部、焼肉屋さんなどが参加し、
50頭を競り落としていきます。

こういう場面を見たのは初めて。全部で1時間半かかりましたが、ずっと立って見ていました。
低すぎる値がつかないように、一定の金額まで必ず手を上げて競る役割の人がいるんですね。
最低落札価格は210万円でした。

例年、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんがこのせり市に参加してたみたいなのですが、
今年は御姿がありませんでしたよ。ザンネン。

せり市のオオトリは、優秀賞1席をとった牛です。
落札額に注目が集まります。

f0245719_2029285.jpg


今年の落札額は2,300万円、落札したのは朝日屋でした。

最後まで瀬古食品が競っていたのですが・・・。
ここ数年、落札しているのはずっと朝日屋のようです。

去年は2,200万円だったので、少し上回る金額ですね。
ちなみに過去最高は、平成14年の5,000万円だそうです。

f0245719_20293638.jpg


おまけ。松阪のゆるキャラ、ちゃちゃもです^^

松阪牛と松阪茶が由来。
三重のゆるキャラは知名度が低いですが、こんなかわいい子もいるんですよ♪
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-24 21:07 | 中勢

里創人 熊野倶楽部

リゾート再訪♪

f0245719_208446.jpg


この夏初めて訪れて、すっかりトリコになってしまった理想郷・・・^^

妹を連れて、里創人 熊野倶楽部に泊まりにいってきました。

f0245719_2081358.jpg


お部屋に備え付けられているこの木札を大浴場「湯浴みぼっこ」に持っていくと、
牛乳1本と交換してくれるんです☆

今回はコテージに宿泊。静寂の時間を満喫しました。

f0245719_2082276.jpg


式年遷宮プランで宿泊したので、夕食にマツタケがついてきました!!
2人でこの量ですから、かなり満足。

七輪で軽く炙って、尾鷲の海洋深層水でつくったお塩や、新姫ポン酢でいただきました。
こんなガッツリ、マツタケ食べたのは久しぶりでしたよ。熊野の地ビールとよく合いましたっ。


和洋折衷のお部屋の居心地良し、あまりお客さんが多くない大浴場も良し、
そして何より料亭「穀雨」のお食事が、素材も調理もともに良し!

都会で働く女性はぜっっったい癒されます。しかも一人でもゆっくり楽しめる。
三重にいる間に、あと何度か行きたい場所です。三重県の南、ほんと大好きです(*´∀`)ノ
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-21 20:24 | 東紀州

鬼ヶ城 / 獅子巖

紀伊半島の豊かな自然、ご堪能ください。

f0245719_20531334.jpg


三重県熊野市にある国の名勝、鬼ヶ城(おにがじょう)。

昔、鬼と恐れられこの地を荒らしまわっていた海賊を、
桓武天皇の命令により坂上田村麻呂が征伐したという伝説が残されています。

f0245719_20532552.jpg


熊野灘の荒波に削られて、海食洞という地形が約1kmにわたって続いています。

f0245719_20533658.jpg


奇岩の広がる景色、なかなか圧巻ですよ。
遊びに来てくれていた妹を案内したのですが、いたく気に入っていました^^

今年の夏には近くに鬼ヶ城センターがオープンし、特産品の販売やカフェ営業が始まっています。
この日は平日でしたが、ちらほら観光客を見かけました。

f0245719_20534430.jpg


鬼ヶ城から更に少し南下したところに、獅子巖(ししいわ)があります。

太平洋に向かって咆哮する大きな獅子の姿に似た大岩。
獅子の口の部分に、満月がはまって、ちょうどお月さんを咥えているように見える写真を見たことがあります。


この鬼ヶ城、獅子巖、そして昨日ご紹介した花の窟の3つが、熊野の定番観光地。
いずれも、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部です。

自然の織り成す造形の妙を味わえるスポットで、オススメです☆


***

普段あまりテレビを見ないのですが、今期ドラマの「ダンダリン」と「リーガルハイ2」にハマってます!
両方とも水曜日の同じ時間に放送で、しかも「怒り新党」も水曜なんですよね~。これも見ちゃいます。

水曜日は、テレビデーだなぁ。。(○´ω`○)ゞ
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-20 21:38 | 東紀州

花の窟

神まつる 花の時にやなりぬらん。

f0245719_2031157.jpg


三重県の南、熊野市に、日本書紀にも記されている日本最古の神社があります。

花の窟(はなのいわや)神社。

国生みと神生みを行った女神・イザナミノミコトが、
カグツチノミコトを産んで灼かれ、亡くなった後に葬られた場所です。

神社には社殿はなく、大きな岩が御神体となっています。

f0245719_20312469.jpg


この岩に綱をかけるお綱掛け神事が、2月2日と10月2日の年2回行われます。

いわゆるパワースポットなのですが、実は初めて訪れたときは、
おっきい岩だなぁくらいにしか思いませんでした。

でも最近、映画「千年の愉楽(ゆらく)」を見て、
この場所から沸き立つような生命のエネルギーを感じ、身がすくみました。


「千年の愉楽」は、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「キャタピラー」などの作品で知られる
若松孝二監督の遺作です。

和歌山県新宮生まれの小説家、中上健次の短編が原作で、
撮影は三重県尾鷲市須賀利(すがり)で行われました。


映画の冒頭シーンで、この大岩が映し出されます。
映画のモチーフと御神体の由来が重ね合わさるように描かれており、
若松監督の感性の鋭さに息をのむばかり。

中村瑞希さんが歌う島唄が、また絶妙に世界観に合ってるんですよね。
重苦しく陰鬱なトーンが続きますが、安定の役者陣がそろっていて、
すっかり画面に引きこまれてしまいました。
[PR]
# by ryo-kamome | 2013-11-19 21:54 | 東紀州


以前の記事
2016年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
カテゴリ
検索
link


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
その他のジャンル