みえしるべ


平成25年は御遷宮。平成26年はおかげどし。三重のあれこれ、お勉強中です♪
by ryo-kamome

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

賓日館

白砂青松のかたわらに。

f0245719_2046117.jpg


夫婦岩で有名な伊勢の二見(ふたみ)にある賓日館(ひんじつかん)。

明治20年に建てられた、お伊勢参りする貴賓客のための宿泊施設です。

f0245719_20463040.jpg


平成11年まで、実際に貴人がお泊りになっていたそう。

今は宿泊所としては使われておらず、一般の人も見学できるようになりました。

端正なお庭に、格式ある建物が、二見の歴史を伝えてくれます。

f0245719_2046494.jpg


桃山式の大広間は120畳で、桃山天井×シャンデリアの組み合わせが威容を誇っています。

二見まで来たら、押さえておきたいスポットですね。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-26 20:59 | 南勢

オンブラマイフ

風花の散る海を眺めながら。

f0245719_20174210.jpg


今日は、津市河芸(かわげ)の海沿いへ。

まんなかにある小さなログハウスが、カフェ・オンブラマイフです。

f0245719_2018989.jpg


当初行こうと思っていた別のカフェが臨時休業で、急遽訪れてみました。

「優しい木陰」というお店の名前のとおり、店内には木のオーダー家具が並んでいます。

f0245719_20181011.jpg


目の前に広がるのは、伊勢湾の海。

今日は風がとても強くて、穏やかな水面に小さな波が走ります。

時折雪が舞って、海に消えていって。

津ぅは雪が降らないって聞いていたのに、今年はもう5回目くらいです^^;

f0245719_20183161.jpg


今日は仕事をするつもりだったけど、結局全然できず。。

このカフェで、むつかしいことを考えるのはムリですね。

雑誌を読んだり、海を眺めたり、思うさま のんびりして。

遠くにうっすらと、神島や答志島、愛知県の知多半島が見えました。

f0245719_20183644.jpg


ゆっくり手紙を書きたくなるようなトコ。

休日の午後に、また行こう。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-24 21:12 | 中勢

掘坂山

信仰の山、伊勢三山のひとつ。

f0245719_2227278.jpg


寒くてしばらく山登りしていなかったのですが、会社に初めて山登りしたいという人がいたので、
松阪にある掘坂山(ほっさかさん)に行ってきました。

f0245719_22274290.jpg


山好きの同僚にガイドしてもらいます。

このガイド、津ぅの人なのですが、「松阪から南は雪が降らない」という思い込みから掘坂山をセレクトw

でも上の方はけっこう雪が積もっていて、初心者さんが動揺してました^^;

f0245719_2228554.jpg


1時間40分ほどで頂上へ。

少し曇っていましたが、眼下に伊勢平野を望むことができました。

標高は757.4mと低いですが、登りはじめの森林公園は150mくらいなので、標高差が大きいのです。

雲母コースは最初が急登になっていて、ペースがつかめずバテバテでした。。

こちらでランチしましたが、風が冷たくて早々に退散>_<

早くあったかくならないかなぁ。夏山が恋しいです。

f0245719_2229361.jpg


ピークから少し下ると、大日如来さまが鎮座しておられました。

道中の安全祈願。

f0245719_22283917.jpg


近くにもうひとつピークがあります。観音岳(605.9m)。

標識があまりなくて、いまいちどこが頂上かわからなかったですが…。

あそこに造船所が見える、あそこが松阪城だ、と話していると、

ガイドさんが、「昔はこんな小高い山の上から、『国見』をしてたんだろうね」って。

低い山には、低い山の良さがあります。

f0245719_2229320.jpg


やっぱり体を動かすのはスカッとしますねー。

年明けてから、ちょっと太ってきてるし(汗)、もっと山に登ろう!

f0245719_22292393.jpg


雪が積もって足元がスケートリンクのように滑りました。

下山のときは特に怖い。この時季、注意です。

f0245719_22292043.jpg


冬枯れの山に、紅さす椿。

f0245719_22294095.jpg


来週も晴れますように。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-23 22:55 | 中勢

モナリザ

伊勢の台所、河崎の石蔵にて。

f0245719_23541217.jpg


三重県産若鶏のシンガポール風チキンライスで、休日のまったりランチ。

ここは、古い石蔵を改装したカフェ「モナリザ」です。

三重に来てから、初めてのカフェごはんだったので、とても癒されました。

自分でも時々つくるのですが、やはりジャスミンライスを使った方がおいしいですね。

f0245719_04285.jpg

   ※こちら(→☆)から画像お借りしました。

米、塩、酒の3つの味で神宮を表現した「サトナカ」という焼菓子が名物。

素朴な味わいで、さっくりとしっとりのミックスが絶妙です。
伊勢和紙でつつんだパッケージも素敵ですよね。

黒糖バージョンもあるので、今度はそちらを食べてみたいです。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-18 00:10 | 南勢

石神さん

恋する鳥羽のパワースポット。

f0245719_21564292.jpg


女性の願いなら必ず一つは叶えてくれる。

鳥羽の相差(おうさつ)にある石神さんです。

三重県に来たら一度は行かなきゃね、と言われていたのですが、
いざ行ってみると細い山道をくねくね通ってやっとのことで辿りつきました。

道中ほとんど他の車とすれ違わなかったのに、石神さんの近くに行ったら女子がたくさん!
これにはびっくりしました。

f0245719_21565533.jpg


相差は、三重県内で最も海女さんの多い地域で、
石神さんは昔から海女さんの信仰を集めていました。

それで、女性の願いをかなえてくれると有名になったようです。

どうしても叶えてほしいお願い事をひとつ、紙に記します。

f0245719_21581815.jpg


女子率高い~。

他に、ほんとに何も無いところなんですけど・・・ここは大混雑。

f0245719_2157990.jpg


石神さま、よろしくお願いしますね。
「女性の願いをひとつ」って、年にひとつってことかなぁ(-ω-)

お参り後、海女さんたちが身に付ける魔よけの印「ドーマンセーマン」が描かれたお守りをゲット。
手作りのお守りなので、売り切れることもあるみたいですよ。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-14 22:08 | 南勢

神島 その2

潮騒(しほさゐ)に 伊良虞(いらご)の島辺(しまへ) 漕ぐ舟に 妹(いも)乗るらむか 荒き島廻(しまみ)を。

f0245719_20371927.jpg


小説『潮騒』で、新治と初江が夜の光を眺めた場所、神島灯台まで登ってきました。

けっこう高度があって、遠く伊良子岬(いらこみさき)まで見渡せます。

f0245719_20373166.jpg


日本の灯台50選に選ばれています。

この辺りで猫にたくさん会えるってガイドブックに書いてあったのですが、
実際には一匹もいませんでした。。

ここ、恋人の聖地みたいです。
もっとも、三重に住んでいる方でも、神島に行ったことのある人は少ないみたいですね^^;

f0245719_20374362.jpg


監的哨跡(かんてきしょうせき)。

戦時中の演習に使われた場所です。

嵐の日、たき火をはさんで、「その火を飛び越してこい、その火を飛び越して来たら」と初江が叫ぶシーン。
映画では実際にここで撮影されたそうです。

f0245719_20375673.jpg


廃墟マニアの気持ちが、ちょっとわかるな・・・。

f0245719_2038951.jpg


iPhoneのマップを頼りに山道を歩いていくと、カルスト地形が広がる海辺に出ました。

f0245719_20381935.jpg


この日はとても風が強くて、波がさざめく音を聞いていました。

f0245719_20383139.jpg


帰りの船上から、遠ざかる神島。

酔わないように、必死に遠くを見るようにしてたら、
行きよりは酔わなくてすみましたよ。

またこの島に行くことがあるかなぁ。。
しばらく船旅は、ご遠慮したいな^^;
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-12 21:05 | 南勢

神島 その1

その火を飛び越して来い、その火を飛び越してきたら。

f0245719_2358514.jpg


三島由紀夫の『潮騒』という小説の舞台になった島が、三重県にあります。

鳥羽の港から、定期船で出航!

どのくらい時間がかかるのか、どのくらい波が激しいのかなど、
何も知らずに乗り込んだため、かなりのやられっぷりでした。。。

船内にいれば揺れが激しくて気持ち悪くなり、外に出ればザッパリ白波をかぶり・・・(涙)

f0245719_23582575.jpg


港を出てから1時間くらいでしょうか。やっと目的の島が見えてきました。
伊勢湾の入口、三重と愛知の間にあります。

揺れる船上から、気力を振り絞ってパチリ。

f0245719_23583887.jpg


神島。

人口は500人あまり。

昔は、神が支配する島と信じられていました。

昭和の頃に時が止まってしまったような場所です。

f0245719_23591369.jpg


着陸したてはヘロヘロで、もう船に乗って帰りたくない、とゲンナリ。

やっぱり湾の外に出ると、波って激しいんですね。。

f0245719_011289.jpg


さて、上陸したものの、詳細な地図も手元になく、カンを頼りに歩き回ります。

結果として、道なき道を歩くハメになり。
軽い観光のつもりが、ちょっとしたハイキングになってしまいました。。

f0245719_23593498.jpg


やっと第一目的地の神社に到着。

八代神社では、あわびの貝殻を絵馬代わりにしていました。

f0245719_23595138.jpg


ないしょ話する狛犬?

なんだか、なにもかもが非現実的で、不思議な島でした。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-12 00:14 | 南勢

くみひも平井

カラフルな、くみひもキューピーズ☆

f0245719_0125529.jpg


伊賀の伝統工芸、くみひも。

起源は奈良時代にまでさかのぼり、元々は経典や甲冑、刀のひもとして作られたそうです。


このキューピーは、内宮(ないくう)前のおはらい町にあるお店で見かけたもの。

他にもストラップやキーホルダーなど、色鮮やかな糸が織なすグッズに出会えますよ。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-11 00:14 | 伊賀

瀧原宮

お伊勢まいりするなら、遙宮(とおのみや)もお忘れなく。

f0245719_200954.jpg


伊勢神宮には、中心となる神社が2つあります。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする内宮(ないくう)と、
豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする外宮(げくう)。

この両宮を筆頭に、別宮(べつぐう)、摂社、末社、所管社があわせて125社あります。


瀧原宮(たきはらのみや)は、内宮の10か所ある別宮のひとつ。
天照大御神が、内宮に鎮座される前におわしました場所です。

内宮から車で1時間ほどかかることから、遙宮といわれています。

f0245719_2002435.jpg


伊勢の神々の鎮座する場所は、2000年前から変わらぬ景色。

簡にして素、ミニマムな神殿の造り、神さまの通り道だけ敷石が白く。

ここは、ひやりとした神気を宿している。


参拝客であふれかえる内宮・外宮とは違って、人が少なく、じっくりと向き合うことができます。
別宮の中では、伊雜宮(いざわのみや)と並んでオススメです。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-08 20:29 | 南勢

青山高原ウィンドファーム

風の通り道。

f0245719_2013557.jpg


津市と伊賀市の間には、青山峠があります。

峠の上の青山高原までいくと、白亜の風力発電が30基ほど、
ゴウゴウと音をたてて悠然と翼をなびかせていました。

国内最大級の風力発電群です。

f0245719_201624.jpg


青山高原の主峰は「笠取山」といって、笠が取れるほど強い風が吹く場所なのだそうです。

たしかにすんごい風!さっむい!!

f0245719_20151914.jpg


麓の道を車で走っていたら、下から風車群がきれいに見えたので、
登ったらきっと見晴らし良いに違いない!と急遽やってきました。

f0245719_20154031.jpg


伊賀の方まで、よく見渡せるなぁ。

ガイドブックに、「青山高原は『関西の軽井沢』と呼ばれています」と書いてあったので、
地元の方に聞いてみたら首をかしげていました笑

f0245719_20161391.jpg

[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-07 20:26 | 中勢


以前の記事
2016年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
カテゴリ
検索
link


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
その他のジャンル