みえしるべ


平成25年は御遷宮。平成26年はおかげどし。三重のあれこれ、お勉強中です♪
by ryo-kamome

カテゴリ:奈良( 2 )

曽爾高原

ぬるべの郷、曽爾。

f0245719_19361316.jpg


奈良県曽爾村(そにむら)の曽爾高原は、ススキの草原で有名です。

曽爾村は、奈良県ではありますが、三重県名張市と隣接していて、
人の流れも名張市の方に向かっています。

奈良県の中では端っこなので、むしろ三重県からの方が行きやすいのではないかと思います。

一面のススキ野原が見たくて、ハイキングコースを歩いてきました。

近くまでバスが通っていますので、草原を見るだけならハイヒールでも行けます。
もちろん私はがっつりトレッキングシューズなルートを選びましたが^^;

f0245719_193623100.jpg


県道81号線沿いの木治屋さんを出発点に、まずは倶留尊山(くろそやま、標高1,038m)に登頂。
こちらは日本300名山のひとつです。狭い山頂に、登山客が大勢いらっしゃいました。

そこから二本ボソ(996m)を経由して、亀山峠から曽爾高原へ。
上の写真は、二本ボソから見た倶留尊山です。紅葉鮮やか~。今年は秋山を堪能してます!

f0245719_19363291.jpg


曽爾高原のススキは、元々この地域のかやぶき屋根の材料として使われてきました。

かやぶき屋根の家が少なくなるにしたがって需要が減り、周りの山では植林が進められ、
この斜面だけがススキ野原として残されたそうです。

ゴールデンタイムは、午後4時半ごろ。
私が行った日はあいにく曇り空でしたが、お天気が良い日は夕陽が草原を照らして、
金色に光り輝くのだとか。

初夏のシーズンも美しいらしいです。

ススキが風になびいて、遠目に見るとやわらかい毛並の動物の背中みたいに見えるんですよ^^

f0245719_19364349.jpg


高原の真ん中にあるお亀池の水は、平成の名水百選に選ばれており、
この水をつかった奈良県唯一の地ビールが製造されています。

味は、アルト、ピルスナー、ケルシュ、ボック、へレスの5種。
個人の好みによると思いますが、私はへレスが一番好きです。

近くにはお亀の湯や農産物直売所もあり、一日楽しめる場所となっています。
3月の山焼きも見てみたいなぁ。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-11-18 20:01 | 奈良

一如庵

しっとりした古民家で一服。

f0245719_20171892.jpg


三重にきてから、わざわざ1時間以上かけてお蕎麦を食べに行く、
という楽しみを覚えてしまいました^^

水が良いからか、お蕎麦がおいしいお店が多い気がします。

今日は天気予報だと雨は降らないはずだったのに、車を出してみたら生憎のお天気。
少し迷いましたが、初志貫徹、目的地に向かうことにしました。

今回のドライブの目的地は、奈良県の室生方面です。
女人高野として有名な室生寺のあるところ。三重県の名張市と隣接しています。

f0245719_20183192.jpg


一如庵(いちにょあん)さん。

予約のお客さんで込み合っていたところ、なんとか席を融通していただけました。

f0245719_20174342.jpg


辛みおろしの盛り蕎麦をいただきました。

10割そばなので、すぐ伸びてしまうそうです。

繊細なお蕎麦が大根おろしとよく絡んで、つるんと爽やか。
蕎麦って、涼しい食べ物ですね~。

最後にいただく蕎麦湯が、蕎麦の甘みがとろんと溶け込んでいて、おいしかったです。
蕎麦湯だけでもおいしく飲めて、驚きでした☆

***

今日は200キロくらい運転して疲れました。。
三重も好きですが、奈良も良いところですね。

奈良というと東大寺や春日大社のイメージが強いですが、
車でなければ行けないところに、神秘的な雰囲気のパワースポットがたくさんありそうです。

これから奈良も開拓していきたいな。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-06-23 20:33 | 奈良


以前の記事
2016年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
カテゴリ
検索
link


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
その他のジャンル