みえしるべ


平成25年は御遷宮。平成26年はおかげどし。三重のあれこれ、お勉強中です♪
by ryo-kamome

カテゴリ:伊賀( 7 )

かみ六

寒い季節に立ち上る湯気は、目にごちそう^^

f0245719_20545556.jpg


名張市、かみ六。お蕎麦とおうどんのお店です。

三重県は伊勢うどんが名物ということもあって、うどん屋優勢県なのですが、
わたしは関東人のせいか蕎麦屋好き。

三重県に来てからも、蕎麦屋探訪ばかりしています。

今のところ、同じ名張の「そば.けいた」が一番のオススメですが、
かみ六さんも良かったです。

細切りのお蕎麦にもちもち感があって、関西風のおつゆも味わい深い。

f0245719_20551089.jpg


お蕎麦もおいしいのですが、こちらの天むすは絶対に召し上がっていただきたいです!

伊賀米を使ってふんわり柔らかく結んだお米と、
胡椒の効いた衣で揚げたエビの織り成すコラボレーション…

なんておいしいんでしょう(*´ω`*)
どうやったらこんなに絶妙におむすび作れるのかな~?と考え込んでしまいました^^;
[PR]
by ryo-kamome | 2013-12-08 21:12 | 伊賀

赤目四十八滝 / 瀧自慢酒造

女の背中一面には、迦陵頻伽の刺青があった。

f0245719_20132532.jpg


『赤目四十八滝心中未遂』っていう小説、ご存知ですか?
寺島しのぶさん主演で映画化もされました。

題名にもなっている「赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)」は、三重県名張市にあります。

役行者(えんのぎょうじゃ)が滝に向かって修業をしているときに、
赤い目をした牛に乗って不動明王が現れたという伝説が名前の由来です。

f0245719_20134155.jpg


「四十八」というのは、滝がたくさんある、という意味だそう。
さすがに48もありませんが、渓谷では20以上もの滝を見ることができます。

こちらは、千手滝(せんじゅだき)。
滝の名前は、仏名にちなんだものが多いです。

f0245719_2014577.jpg


布引滝(ぬのびきだき)。なまめかしい姿でした。

f0245719_20142469.jpg


渓谷随一の景観と賞される、荷担滝(にないだき)。

f0245719_20144061.jpg


この日はかなりの湿度で、歩いているだけで汗が噴き出ました。

小説の、ねっとりとした情念の世界が思い起こされます。

f0245719_20145718.jpg


戻ってきてから、赤目名物「へこきまんじゅう」をいただきました。

f0245719_2015749.jpg


ホットスイートポテトです。観光地によくあるおまんじゅうよりも、格段においしい!!
オススメです♪♪

f0245719_20151818.jpg


帰りがてら、瀧自慢酒造に立ち寄って、夏吟醸を買い求めました。

三重のお酒の中では、3本の指に入るくらい個人的には好きな瀧自慢^^
あっという間に消費してしまいました~☆
[PR]
by ryo-kamome | 2013-08-05 20:33 | 伊賀

香落渓

お気に入りのドライブコース♪

f0245719_2173086.jpg


名張市、香落渓(かおちだに)。

秘境な雰囲気が漂っていますが、街中からそう遠くはありません。

紅葉の時季は大変混むようですが、夏は人も少なく、涼みにいくには最適。

f0245719_2181383.jpg


ここの見どころは、この柱のかたちをした岩です。

柱状節理(ちゅうじょうせつり)、と言います。

溶岩が冷えて固まるときに、こんな柱のかたちになったものだそう。

「節理」という言葉は聞きなれませんが、「割れ目」という意味らしいです。

不思議な地形ですね~。

f0245719_2183197.jpg

[PR]
by ryo-kamome | 2013-06-19 22:14 | 伊賀

伊賀の里 モクモク手づくりファーム

食と農の総合テーマパーク。

f0245719_2035788.jpg


伊賀にある「モクモク手づくりファーム」では、オリジナル肉製品や地元野菜のお買い物、
地ビールやレストラン、足湯に日帰り温泉などを一度に楽しむことができます。

入園すればミニブタとも遊んだり、地ビールの工房見学したりできるみたい。
入園しなくても、利用できるお店もあります。

GW中に訪れたところ、「とんとん祭り」で大賑わいでした。

f0245719_2042080.jpg


地元産野菜の売り場。新鮮な野菜がお安くいただけます。

大黒しめじとチヂミほうれんそうゲット♪
バターしょうゆ炒めにして食べました。

f0245719_2042237.jpg


名物のモクモクウインナーは当然お持ち帰りに。

あと、こちらの地ビールがとってもおいしいのです^^
酵母が生きてる!

f0245719_2043552.jpg


モクモクのキャラクター、服部ハム蔵も忙しそうにしてました(*´ω`*)


今年の4月から、東京・六本木のミッドタウンにモクモクのお店がオープンしたんですよ。

モクモクのジャージー牛乳をつかった「ジャージーソフトクリーム」はほんとにおいしいので、
お近くの方は是非一度ご賞味ください!
[PR]
by ryo-kamome | 2013-05-13 20:14 | 伊賀

長谷園

イガモノ、見参!

f0245719_20262955.jpg


天保3年創業の伊賀焼の老舗、長谷園(ながたにえん)。

お茶漬けじゃないですよ^^;

東京にも出店してるみたいですね。恵比寿に。

GW中、「長谷園窯出し市」が開催されていて、お客さんでにぎわっていました。

伊賀の焼き物隠れ里という雰囲気。

f0245719_20261828.jpg


作家や窯元が約40軒出店していて、お安く買うことができます。

せっかくなので、大き目のどんぶりを一ついただきました。

f0245719_20265286.jpg


長谷園さんのイチオシ商品が、こちら。

グッドデザイン賞を受賞した「かまどさん」です。

火加減要らずで土鍋ごはんを楽しめるというスグレモノ。

それがアウトレット価格で6割引きですよ!これは買いです☆

f0245719_2026399.jpg


そして長谷園さんの見どころは他にもあります。

この16も部屋が連なった登り窯。

今は使われていませんが、この大きさで現存しているのは日本でこちらだけだそうです。

器を新調すると、気合を入れてお料理しようかなという気分になりますね^^
[PR]
by ryo-kamome | 2013-05-09 20:45 | 伊賀

そば.けいた

心がほぐれる、至福の時間。

f0245719_19462641.jpg


名張(なばり)にあるお蕎麦屋さんに行ってきました。

お蕎麦を食べるためだけにドライブする休日というのもゼイタクなものです♪

そば.けいた。

お店は、木のぬくもり、よく通る風につつまれた一軒家です。

f0245719_19463654.jpg


天ざるをいただきました。

この天ぷら、見事に均整のとれた盛り付けで、もはやアートの域。

具材は、えび、こごみ、しめじ、れんこん、かぼちゃ、なす、ヤングコーンなどです。

揚げているのに、素材の水分が蒸発していなくて、みずみずしかった~^^

お塩だけでさっぱりと。

f0245719_19464524.jpg


ご覧ください、この繊細な十割そば…!

一口食べれば、ていねいなお仕事ぶりが伝わってきます。

わさびもおろしたてで、やわらかい辛みでした。

名張は水が美しい土地なので、お酒のおいしいところです。

わたしのオススメは、瀧自慢(たきじまん)酒造。

車でなければ、日本酒飲みたかったなぁ^^;


ご家族だけでやっている小さなお店ですので、ゆっくりと時間があるときにお訪ねください。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-04-29 20:06 | 伊賀

くみひも平井

カラフルな、くみひもキューピーズ☆

f0245719_0125529.jpg


伊賀の伝統工芸、くみひも。

起源は奈良時代にまでさかのぼり、元々は経典や甲冑、刀のひもとして作られたそうです。


このキューピーは、内宮(ないくう)前のおはらい町にあるお店で見かけたもの。

他にもストラップやキーホルダーなど、色鮮やかな糸が織なすグッズに出会えますよ。
[PR]
by ryo-kamome | 2013-02-11 00:14 | 伊賀


以前の記事
2016年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
カテゴリ
検索
link


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
その他のジャンル